是々非々でw

日々のいらいらをつらつらと。まちがったことも書くかもしれませんw

あの色の黒糖パンが作りたい

小学生の頃、給食で一番好きなパンは黒糖パンでした。今でもなにげに黒糖ロールパンだとかを見るとあんまり値段もみずに買い物かごへぽいっと放り込んでしまう傾向があります^ー^

さて・・・私、パンを焼くのが好きなので当然黒糖パンにもチャレンジしてるわけですが・・・味はともかく・・・色が違う・・・なんていうか・・・薄い???髪の毛じゃありませんよ?色ですよ?ちなみに私ははげていませんw

そういえば、昔禿げた上司がパソコンから印刷指令を出しプリンターの前にいって
「あれ?かみがない・・・かみがない・・・」
って連呼されたときは死ぬかと思いました・・・

どうでもいい話でしたな・・・さて、どうやって色をつけるのか???あの「黒糖パン!」って感じの色にしたいのですが、黒糖を混ぜても少し黒目の生地になるだけ。焼いてみてもやっぱり薄い。もしかして黒蜜とかいれるのか???なんて思ったりもしてるんですが・・・答えはなんなんでしょう???分かる人いたら教えて下さい。教えてくれたら100ガバスあげますw

追記
コメントで原材料見てみたら?と言われて
「なるほどw」と思い先ほどスーパーに行って黒糖パンの原材料を見て見ました。
やっぱり黒蜜使ってやがりましたwさらに着色料でカラメルが入ってるのでさらに黒くなっている模様。
自分でカラメルつくっていれるか?めんどくさいな・・・w
関連記事

コメント

Re: No title

> カラメルはレンジでチンでできるみたいです!
>
> 黒糖パン美味しいですよね。
> あの素朴な甘さが素敵です。
> 食べ始めると止まらなくなるのがアレですが…。

レンジで作るのか~。レンジの使い方って本当に色々あるねぇ・・・普通に温める以外で使ってないなw
今度やってみますです^ー^

No title

カラメルはレンジでチンでできるみたいです!

黒糖パン美味しいですよね。
あの素朴な甘さが素敵です。
食べ始めると止まらなくなるのがアレですが…。

Re: タイトルなし

> 着色料じゃない?黒糖ロールの原材料に表記されてない?

ご助言通り、スーパー行って原材料チェックしてきましたw記事に結果追記しましたが
黒蜜プラス着色料でした。これで一度焼いてみますw

着色料じゃない?黒糖ロールの原材料に表記されてない?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://porchdeveggie.blog42.fc2.com/tb.php/145-4abb8a66

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

HeziHezi

Author:HeziHezi
IT関連のお仕事シテマス。へっぽこプログラマー。
趣味は、プラモデル作成、映画鑑賞、海外TVドラマ鑑賞、読書

最新コメント

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
ガーデニング (1)
雑感 (180)
政治経済 (18)
IT関連 (12)
社会問題 (21)
勉強 (1)
PC (6)
食べ物 (5)
プログラミング (1)
セール (1)
思い出 (1)
ユーモア (1)
お勉強 (1)
動画 (1)
どーでもいい話 (11)
わかんねぇ? (2)
がっかり (1)
やべぇ (2)
パン (1)
釣り (1)

RSSリンクの表示

リンク

メールフォーム

このブログはリンクフリーです。 連絡いただけましたら
相互リンクしますのでこちらからメールください~

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


35歳、結婚できないと諦めていた女がイケメンにプロポーズされるまでの婚活ブログ

大河内の缶詰

LA悪妻日記

ネコと金星

風は空に 星は天に

一緒に暇つぶしどうですか?

◇◇◇ 自分らしくのアロワナ飼育&写真日記 ◇◇◇

高校生がげん玉&モッピーで親にバレずに楽々お小遣い稼ぎ!!

黄昏の路地裏

12kgのダイエット成功 福岡の女の努力

Life Style

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな

破天日記

パソコンソフト無料ダウンロードとインターネットアフィリエイトの謎

野良猫だった ここあ

トレンド面白情報紹介ブログ♪

「ネコジマン」の公式ブログ

レオン&ママのブログ 

バントーのブログ ~V-pedia~

風は空に、星は天に...

ぴかぴっかりんのアラ還ライフ

創信グループ  株式会社 創信

STAND MARK

私、猫屋敷に住んでます。

妖精帝國 臣民コンソーシアム

さとしのブログ

Template by たけやん