是々非々でw

日々のいらいらをつらつらと。まちがったことも書くかもしれませんw

ビン・ラディン射殺について

アメリカの作戦でビン・ラディンが殺害されました。記事は至る所にあるのでソースはいらないと思います。
アメリカ人の90%近くが彼の殺害に好意的意見みたいな記事をどこかでみました。ついでに殺害の一部始終を衛星中継で大統領も見てたとか。

どうも人を殺して歓喜するってどうなんだろ?って思えて仕方がありません。日本には死刑制度がありますが、別に犯罪者を死刑にしたからと言って歓喜なんてしませんよね・・・。なんだか欧米人の対応には違和感を覚えます。

欧米の国々は死刑を廃止している国が多いですが、現実的にはその場で射殺しますから普通に死刑があるようなもんです。日本はその場で射殺なんてしようもんなら大問題になりますからちゃんと裁判をへて死刑が行われるわけで欧米なんかよりよっぽど進んでると私は思います。

ただの憎しみで人で殺してそれで歓喜する。感性がすこしおかしいような。また負の連鎖が来るように思えて仕方がありません。
関連記事

コメント

Re: No title

> イエスが赦すのは人の罪よ。
> 教義にはカテキシズムやLAOS…あるかと思うので近くの教会を訪ねてみるのが一番かも。
> 私がいたら仲良くしてください(爆)
> エクソシストだけに限らず仮面ライダーでもウルトラマンでも、戦隊物でも変わらないでしょう?
> そうそうプリキュアもね。
> 子どもには凄い魅力的じゃない?
> 私も「ボウケンジャーは…いくらなんでもやられ過ぎでしょ?」なんてつまらなさを感じてしまったり(苦笑)←クリスチャン


日本の勧善懲悪は少なくとも宗教は関係ないですからねぇ・・・子どもの時からあまり色のついた教育は偏った見方になるからどうなんだろ?って私は思っています。色のついた教育をしないほうがいいって言うのもある種の偏見だと思うし、どっちがいいのか?は私にはわかりませんが。宗教がこれまでに幾度と無く戦争を巻き起こしている事実を鑑みても、大人になってから本当に理解して入信するのが一番ではないか?と常に私は考えています。


> それがいつの間にか遠山の金さんとか水戸の黄門さんとか、暴れん坊将軍とか…人の情けへと変わっていくのはやっぱり日本の古き良き文化だと思います。
> 「安心せい、峰打ちじゃっ!」とか「縄を解いてやりなさい」にカッコ良さを感じたり。
> 悪代官と越後屋を倒すのにおせんべいとお茶でゆっくり見られるでしょ?
> アメリカはYES or NOじゃない?
> 泣くか笑うか。
> カナダ留学中に笑顔の他、皮肉で笑うって身につかなかった?

たしかにいじょーに融通が聞かない面はあるねぇ、英米人は。なんなんだろ?あれ?だからこそ、あの人達に敵とみなされたら怖いよね・・・


> 電気代を滞納しただけで、駐車違反で、とにかくなんであれ裁判ですぐ決着をつけたがるから。
> Small Claims Courtなんてその日のうちに判決くだっちゃうし。
> それプラスParty animal(私もだけど)だから。
> 映画にだって凄いブーングで本気になって怒りだしたり、大声で笑ったり。
> 自己主張ははっきり激しく、間違っていても謝罪しない!
> これがアメリカかしら?
> でも本屋さんで「Im' sorry」っていう絵本を見つけてちょっとはほっとしたの(微笑)
> どの国にいてもママ一年生だったから教育には慎重になったわ。

あの国は主張しないと、むしれるだけむしられる・・・日本人みたいに、かわいそうだからそのぐらいにしておいてやれよ・・・はないもんねぇ・・・日本から出ないで文句ばっかりいってる日本人に世界の現実を見せてやりたいと本当に思うわw

No title

イエスが赦すのは人の罪よ。
教義にはカテキシズムやLAOS…あるかと思うので近くの教会を訪ねてみるのが一番かも。
私がいたら仲良くしてください(爆)

エクソシストだけに限らず仮面ライダーでもウルトラマンでも、戦隊物でも変わらないでしょう?
そうそうプリキュアもね。
子どもには凄い魅力的じゃない?
私も「ボウケンジャーは…いくらなんでもやられ過ぎでしょ?」なんてつまらなさを感じてしまったり(苦笑)←クリスチャン

それがいつの間にか遠山の金さんとか水戸の黄門さんとか、暴れん坊将軍とか…人の情けへと変わっていくのはやっぱり日本の古き良き文化だと思います。
「安心せい、峰打ちじゃっ!」とか「縄を解いてやりなさい」にカッコ良さを感じたり。
悪代官と越後屋を倒すのにおせんべいとお茶でゆっくり見られるでしょ?

アメリカはYES or NOじゃない?
泣くか笑うか。
カナダ留学中に笑顔の他、皮肉で笑うって身につかなかった?

電気代を滞納しただけで、駐車違反で、とにかくなんであれ裁判ですぐ決着をつけたがるから。
Small Claims Courtなんてその日のうちに判決くだっちゃうし。
それプラスParty animal(私もだけど)だから。

映画にだって凄いブーングで本気になって怒りだしたり、大声で笑ったり。

自己主張ははっきり激しく、間違っていても謝罪しない!

これがアメリカかしら?
でも本屋さんで「Im' sorry」っていう絵本を見つけてちょっとはほっとしたの(微笑)
どの国にいてもママ一年生だったから教育には慎重になったわ。

Re: No title

> それは“あくま”でも人の放った言葉よ(苦笑)
> 国民の歓喜も「アーメン!ハレルヤ!」じゃなかったでしょ?
> ただ自分の姿に勘違いした節はあるかもしれませんね。
>
> 発想の根源は「煩悩を捨てて悟りを開く」のではなく「悪魔に打ち勝つ」といったところかしら?
> でもイエスは悪魔を焼き殺したりしてないわ。

イエスは悪魔でさえ赦すんじゃないの?そんな感じの教義じゃなかったっけ?そういう意味ではビン・ラディンでさえ赦されないとだめだと思うけど(本人が悔い改めてないからだめか)

悪魔は殺して良いみたいな発想は、エクソシストみたいな映画からくるんじゃねぇの?なんて思う。勧善懲悪はお馬鹿さんには、ものすごく魅力的に響くから。

No title

それは“あくま”でも人の放った言葉よ(苦笑)
国民の歓喜も「アーメン!ハレルヤ!」じゃなかったでしょ?
ただ自分の姿に勘違いした節はあるかもしれませんね。

発想の根源は「煩悩を捨てて悟りを開く」のではなく「悪魔に打ち勝つ」といったところかしら?
でもイエスは悪魔を焼き殺したりしてないわ。

Re: No title

> 私は「キリスト教」と書きました。宗派もみっつはっきりと出しました。
> すべてのイスラム教徒が過激派ではないのと同じように、たとえ一国の大統領とはいえブッシュがキリスト教徒の代表と言うのはおかしな話です。彼が牧師だとでもいうのでもあれば分かりますが。
> 教会の歴史、中世であれば教会とまつりごとが西欧では一体化していたわけですが、それ以後の歴史をひもとけば権力闘争だカネだという話はいくらでも出てきます。
> けれども、それは「キリスト教」という宗教の教義にのっとっているのかといえば、そうではありません。
> だからこそ、私は「本当にキリスト教を信じているのなら」と言いました。
> マスコミが報道する歓喜する人々だけをみて、英米人は・・・キリスト教徒は・・・と論じるのはいかがでしょうか。

キリスト教を攻撃していると思われているようですがそんな気はありませんよ?死を知ってしまった人間が心安らかに生きるためには、宗教は絶対に必要なものです。

さて、日本人は人を殺して歓喜する事に違和感を感じる。アメリカ人の相当数の人間がビン・ラディン殺害の報道を見て歓喜する。この感じ方の差異は一体どこからくるのか?っていう事が私の言いたいことの本意です。

アメフトの選手が私と同じような疑問をTwitterに書いたら非難の嵐にさらされました。日本人的には彼の主張には一定の理解をえられますが、欧米では圧倒的に少数派でしょう?じゃ、この差異はどこから来るのか?

人間の考え方の基本は宗教的なものだと思います。そういう意味ではキリスト教からくるんじゃないのか?っていうのは普通の考察だと思いますがいかがでしょう?なにか違う土壌から来るものでしょう?

> それこそ、CNNなどマスメディアを通しては知れない、少数・・・ではないと思いますが英米人やキリスト教徒に対する精神的な暴力になりませんか?
> それとも、マスメディアを通して以外の手段で、今回の事件に関連する人物から何かお話を聞いておられるのでしょうか。
>
> 多数を優先させれば少数に対する暴力を生みだすと何度も主張されているだけに、非常に気になります。


うーん、むしろ私の意見のほうが英米人からしたら少数派ですから非難の的になると思いますけど?私の意見を向こうの人が聞いたら烈火のごとく怒るでしょ。
私もビン・ラディンの殺害が悪いことだとは思っていませんが、人を殺して歓喜するのは日本人的には正気の沙汰ではない。ビン・ラディンの身内が今度は被害者になったわけで、盛大に歓喜するってのは今度はその人達の怒りを買う。普通に考えても愚かな行為だと思いますけどね。それでもそうしてしまうのは、悪魔は殺していい、正義がなされたのだから喜んでいいっていう精神的な土壌があるってことでしょ。で、その土壌は何かって考えたら、普通に行き着くのは宗教だよね?って話です。
私が人を殺して歓喜することに違和感を覚えるのは、仏教だとか神道なんかの影響を受けた日本文化の土壌のせいだと思いますよ。そうじゃなかったら、多分アメリカ人と同じように歓喜しているでしょうし。


> 私自身、加害者に復讐などは何一つ出来ない立場です。それは、加害者からの報復が怖いですし、おっしゃるとおり負の連鎖を生みたくないからです。
> 線引きをするということと、花をも手向ける気持ちになるかどうかは別の問題ですよ。

罪を憎んで人を憎まずで。アメリカ人がイスラム教に反する水葬をした点などを見ても恨みにしか思えない。個人がいかに悪人でも普通に埋葬してやるべきだと思うだけ。葬儀に花はつきものでしょう?そういう意味です。彼に同情しているわけではないですよ。念のため。


Re: No title

> 多分ね、アメリカがキリスト教の国っていうのは…日本の国が仏教ってのと変わらないと思う(苦笑)
>
> 神社に仏閣、日本の文化だけど、だからといって「HeziHeziさんは日本人、仏教の国の人」とはならないでしょう?
> HeziHeziさんはカナダに留学されていただけあって他民族(移民)国家をご存知で。

日本は仏教の影響はかなり色濃いですし、仏教の国と言われてもおかしくないと私は思います。まぁ、よくみると全部アレンジされてるので仏教といえるのか?は疑問ですが。日本教というほうが正しいようには思います。死生観はかなりの部分で仏教的なので、人を殺して歓喜することに違和感を覚える人が多いのはそこに由来するのだと思いますよ。


> 聖書にある隣人を愛しなさい、人を殺してはならない、姦淫してはならない、盗んではならない…カトリック、聖公会、ルーテルとまあいろいろと解釈はあるのかもしれないけれど「あなたがそういう思いを起こさなければいいだけ」でそれが他に向けられるもので批判の材料にはならないと思う、私は聖書をそういう使い方にしたくないわ。
> あとは宗教うんぬんじゃなく被害者、加害者、政治に対する感情の問題ね。
>
> 聖書なんて何にもない時代に書かれた書物だから現代において全てを理に適えるって絶対無理があるのよ。
> そこを埋めるものが信仰心なわけで。
> ただ静かに祈る人もいればお祭り騒ぎで自分を痛めつけてそれを表そうという人もクリスチャン、どちらがどうって誰にも何とも言えませんでしょ?(苦笑)
>
> 皮膚病、精神疾患…聖書のうちではこれらも悪魔の仕業ということですけれど。
> 今は医学によって適切な治療がなされていますから。
>
> 彼らの演説も信仰心によるものというよりも政治家として君臨するためのもの、として聞いてもらえればまた違った見方ができるかもしれません。
> 彼らがクリスチャンで信仰について証をするものであればそれは国民の前でなく教会でなければならないでしょ?
> 国民の全てがクリスチャンなんじゃないんだから。


悪魔は倒すべきもの。We did jusitce.って言って国民が歓喜する現実。悪魔だから殺していいっていう発想の根源はなんでしょう?

No title

>うーん、ここは賛同できません。そういう考え方は結構キリスト教徒にはありますよ?ブッシュなんかの演説聞いてるとそういう考え方してるのがはっきりとわかりますけどね。

私は「キリスト教」と書きました。宗派もみっつはっきりと出しました。
すべてのイスラム教徒が過激派ではないのと同じように、たとえ一国の大統領とはいえブッシュがキリスト教徒の代表と言うのはおかしな話です。彼が牧師だとでもいうのでもあれば分かりますが。
教会の歴史、中世であれば教会とまつりごとが西欧では一体化していたわけですが、それ以後の歴史をひもとけば権力闘争だカネだという話はいくらでも出てきます。
けれども、それは「キリスト教」という宗教の教義にのっとっているのかといえば、そうではありません。
だからこそ、私は「本当にキリスト教を信じているのなら」と言いました。

私自身、加害者に復讐などは何一つ出来ない立場です。それは、加害者からの報復が怖いですし、おっしゃるとおり負の連鎖を生みたくないからです。
線引きをするということと、花をも手向ける気持ちになるかどうかは別の問題ですよ。
マスコミが報道する歓喜する人々だけをみて、英米人は・・・キリスト教徒は・・・と論じるのはいかがでしょうか。
それこそ、CNNなどマスメディアを通しては知れない、少数・・・ではないと思いますが英米人やキリスト教徒に対する精神的な暴力になりませんか?
それとも、マスメディアを通して以外の手段で、今回の事件に関連する人物から何かお話を聞いておられるのでしょうか。

多数を優先させれば少数に対する暴力を生みだすと何度も主張されているだけに、非常に気になります。

No title

多分ね、アメリカがキリスト教の国っていうのは…日本の国が仏教ってのと変わらないと思う(苦笑)

神社に仏閣、日本の文化だけど、だからといって「HeziHeziさんは日本人、仏教の国の人」とはならないでしょう?
HeziHeziさんはカナダに留学されていただけあって他民族(移民)国家をご存知で。

聖書にある隣人を愛しなさい、人を殺してはならない、姦淫してはならない、盗んではならない…カトリック、聖公会、ルーテルとまあいろいろと解釈はあるのかもしれないけれど「あなたがそういう思いを起こさなければいいだけ」でそれが他に向けられるもので批判の材料にはならないと思う、私は聖書をそういう使い方にしたくないわ。
あとは宗教うんぬんじゃなく被害者、加害者、政治に対する感情の問題ね。

聖書なんて何にもない時代に書かれた書物だから現代において全てを理に適えるって絶対無理があるのよ。
そこを埋めるものが信仰心なわけで。
ただ静かに祈る人もいればお祭り騒ぎで自分を痛めつけてそれを表そうという人もクリスチャン、どちらがどうって誰にも何とも言えませんでしょ?(苦笑)

皮膚病、精神疾患…聖書のうちではこれらも悪魔の仕業ということですけれど。
今は医学によって適切な治療がなされていますから。

彼らの演説も信仰心によるものというよりも政治家として君臨するためのもの、として聞いてもらえればまた違った見方ができるかもしれません。
彼らがクリスチャンで信仰について証をするものであればそれは国民の前でなく教会でなければならないでしょ?
国民の全てがクリスチャンなんじゃないんだから。

Re: 私も同感です。

> ビン・ラディンさんを殺してそれで本当に遺族の方などは喜ぶのでしょうか。第一、第二の被害を生むだけではないのだろうか。
> そこらへんが疑問です。

少しは溜飲を下げることはできると思いますが、なくなった方は戻りませんから結局解決にはならないんですよね。やり場のない怒りは結局心に残り続けるでしょうし、苦しいのは変わらないでしょうね。時間がたてば少しはましになるでしょうけど。

Re: No title

> 命にかかわる犯罪の被害者サイドから。
> 今回のビンラディンの件で国全体が歓喜のモードになるのは、確かに私も理解しえません。
> ただ、なくなれば誰でも仏とまでは、正直思えないですね。

仏とは思えないっていうのはそうですが、日本の仏教観から言えば仏です。許せる、許せないでいえば普通は許せないでしょう。


> なくなることで罪が償われる? ずいぶん寛容だと思います。被害者は苦しみ続けるのに、加害者は本気で悔い改めることもなくこの世から消えて許されるなら相当安いです。
> 自分の大切な人が、無差別に傷つけられて、その犯人が亡くなったからといって、誰もがその犯人に対し許しの心境に至るでしょうか。

ずいぶん寛容というのも分かる話です。それでも、一人の人間が罪を贖うすべはそれしかしないんですよ。悔い改めるなんて言っても、誰もその人の心を本当にのぞくことはできないし嘘を付くのは簡単でしょ。結局命で贖うしかのこされてない。遺族の心は復讐である程度の溜飲は下げられでしょうが、結局最終的な癒しは時間のみ。そもそも犯人を許すことなんて何年たってもできませんよ。人間なんて偏狭なもんです。だから宗教がいるんだと思いますよ。壊れそうな心を救うものが。


> ちなみに、私はクリスチャンですが、宗教との矛盾を感じながらも、加害者が亡くなったからと言って花を手向ける気にはなれません。喜びはしませんが、安心はするでしょうね。
> もう、これ以上加害者に迷惑をかけられる心配はないのだと。
> 歓喜するのがいいことだとはいえませんが、今回喜んでいる民衆のうち、とくにあの911で大切な人を喪った人がそのような感情になったとしても、第三者にそれを咎めることはできません。
> 別にそういうわけでもないのに歓喜して騒いでいるのは明らかにおかしいですが。

日本人は仏教的なものの考え方をする人がおおいから、どうしても人を殺して歓喜することには違和感を覚えざるをえないんです。私もそうです。日本人的には、被害者の墓へまいってちゃんと犯人が罰を受けたことの報告をするっていうのが納得のいく行為でしょう。ビン・ラディンが死んで悲しむ人もいるわけですから。喜んでる姿を見れば、また殺された側は怒りに燃えます。要は負の連鎖が続くってことです。


> 基本、キリスト教は赦しの宗教です。確かに英米人はキリスト教徒が多いですが、そこまで熱心な人は少ないと思います。
> 今回の問題は、護教するつもりはありませんが、キリスト教の価値観のなかでビンラディンが悪魔であるからこうして喜んでいるのではないです。

うーん、ここは賛同できません。そういう考え方は結構キリスト教徒にはありますよ?ブッシュなんかの演説聞いてるとそういう考え方してるのがはっきりとわかりますけどね。


> 亡くなればたとえどのような人間でも、罪は償われるということに非常に違和感を覚えたのでコメントさせていただきました。
> 「許し」ということは、激しく傷つけられたとき、非常に難しいですし、被害者に要求することもできないことです。

そうなると逆にいえばどうやっても罪は償えないですよね?死ぬことは、最大の罰だと思いますが。最大の罰をうけたのに何時までも許さないってなるとどうやっても贖えない。心情的に贖えないのは分かりますが、どこかで線引きしないと。

私も同感です。

初めまして。
確かにいくら犯罪者だとしても、
人を殺して歓喜するのは、おかしいですよね。

9.11は本当に酷いテロだったと思うし、何人もの尊い命が無くなっていたけど、ビン・ラディンさんも、一つの命をもってたわけだし・・・。

ビン・ラディンさんを殺してそれで本当に遺族の方などは喜ぶのでしょうか。第一、第二の被害を生むだけではないのだろうか。
そこらへんが疑問です。
いきなり失礼しました。

No title

こんにちは。いつもどうも有難うございます。

命にかかわる犯罪の被害者サイドから。
今回のビンラディンの件で国全体が歓喜のモードになるのは、確かに私も理解しえません。
ただ、なくなれば誰でも仏とまでは、正直思えないですね。
なくなることで罪が償われる? ずいぶん寛容だと思います。被害者は苦しみ続けるのに、加害者は本気で悔い改めることもなくこの世から消えて許されるなら相当安いです。
自分の大切な人が、無差別に傷つけられて、その犯人が亡くなったからといって、誰もがその犯人に対し許しの心境に至るでしょうか。
ちなみに、私はクリスチャンですが、宗教との矛盾を感じながらも、加害者が亡くなったからと言って花を手向ける気にはなれません。喜びはしませんが、安心はするでしょうね。
もう、これ以上加害者に迷惑をかけられる心配はないのだと。
歓喜するのがいいことだとはいえませんが、今回喜んでいる民衆のうち、とくにあの911で大切な人を喪った人がそのような感情になったとしても、第三者にそれを咎めることはできません。
別にそういうわけでもないのに歓喜して騒いでいるのは明らかにおかしいですが。
基本、キリスト教は赦しの宗教です。確かに英米人はキリスト教徒が多いですが、そこまで熱心な人は少ないと思います。
今回の問題は、護教するつもりはありませんが、キリスト教の価値観のなかでビンラディンが悪魔であるからこうして喜んでいるのではないです。

亡くなればたとえどのような人間でも、罪は償われるということに非常に違和感を覚えたのでコメントさせていただきました。
「許し」ということは、激しく傷つけられたとき、非常に難しいですし、被害者に要求することもできないことです。

No title

とくに過激な言葉は使っていないのですが、コメントできませんでした。

Re: No title

> アメリカの正義には宗教的な思想の関係もあるみたいですが・・・
> 少なくとも、日本人の感覚ではそれは「おかしい」と思います。
> ウィキリークスで話題になったイラク戦争の時の民間人の虐殺の映像も感覚がくるっているように思います。

大量虐殺を行ったのを公言したわけで自業自得といえばそこまでなんだけど。死ぬことによって彼の罪は贖われてると私は思います。死者を鞭打つのはあまり賛同できませんね。
宗教観は確実にあるように思います。ビン・ラディンは、悪魔そのものと考えているでしょうから殺していいどころから殺されないとだめな存在となっているんでしょう。

Re: 同感ですね

> いつもご訪問ありがとうございます。
> 今回のビン・ラディンの件、なんかみんなの
> 視点がずれてるように思えてなりません。
> 確かに殺されても文句言えないような事を
> した人物ですが銃殺されたことを喜ぶって・・・

日本人的には、氏ねば仏です。死者に道打つ行為は許されません。英米人と日本人の死生観の違いが如実に出ているようにも思います。彼らにとっては、ビン・ラディンは正に悪魔で殺さないといけない存在なんでしょう。
そうですね。

せめて花の一つでも供えてやればいいと思いますが。そんな事したら英米人からはすごい非難を受けるんでしょうね・・・。

Re: No title

> アメリカで子育てをしているとね、やっぱり教育だと思うの。
> Preで国旗に色を塗るとか、Kinderで政治についての宿題が出されるとか…だから在米中は子どもを現地校か日本人学校かで悩むんじゃない?
> 英語は覚えさせたいなと思ってもアメリカ人にしたくはないし、とか。

日本人って諸外国の人間と比べて異常に騙されやすいし、下手に愛国主義的な教育するととんでもないことになりそうな気がするんですよね・・・。

アメリカ人もそんな傾向はあるような気がするけど、移民の国だから一枚岩ではないし危うさも軽減されるように思う。日本人は・・・なんやかんやで単一民族に近い構造だし、教育には気を付けないといけないように思います。



> 出生地主義だから日本人でもアメリカで生まれればアメリカの国籍が貰えるわけだけど、国籍選択のときには必ず忠誠心や従軍するかどうかも確認されるの。
> 不法移民だって「We love America!」なんて叫んじゃうわ。
> 不法移民も従軍して最前線にいってくれたらリーガルにしてもらえるし。
>
> 例え誤爆であれ、アメリカの子どもたちは大騒ぎ!
> だってU.A ARMYはいつでもヒーローだもの。
> Airforceってったら超エリート部隊(頭もよければ見た目も抜群…そのかわり性格悪い)だし。
> そういうお国柄ですから。

よくも悪くも資本主義ですねぇ・・・差別もなんやかんやで根強いし移民の国ってのはやっぱり色々とややこしい。どの国も一長一短ですな。

No title

たしかにそう思います。
アメリカのいう「正義」ってなんなんでしょうか・・・
「悪」を滅ぼせばそれでおわり。アメリカ映画を見ていても、誰かが死んだらそこで終わるっていうのが、何か違うような気がします。

あと、「被害者は0だ」というアメリカの主張、ビンラディンの妻と子供も殺害されて被害者0だなんて・・・。
「悪」の子が「悪」とも限らないのにと、思いました。たとえ「悪」だとしても殺害することはないんじゃないかな、と思いました。

アメリカの正義には宗教的な思想の関係もあるみたいですが・・・
少なくとも、日本人の感覚ではそれは「おかしい」と思います。
ウィキリークスで話題になったイラク戦争の時の民間人の虐殺の映像も感覚がくるっているように思います。

同感ですね

いつもご訪問ありがとうございます。
今回のビン・ラディンの件、なんかみんなの
視点がずれてるように思えてなりません。
確かに殺されても文句言えないような事を
した人物ですが銃殺されたことを喜ぶって・・・

うまく言葉で言い表せないけど心の中に
ウヤムヤが残る事件でしたね。

No title

アメリカで子育てをしているとね、やっぱり教育だと思うの。
Preで国旗に色を塗るとか、Kinderで政治についての宿題が出されるとか…だから在米中は子どもを現地校か日本人学校かで悩むんじゃない?
英語は覚えさせたいなと思ってもアメリカ人にしたくはないし、とか。
出生地主義だから日本人でもアメリカで生まれればアメリカの国籍が貰えるわけだけど、国籍選択のときには必ず忠誠心や従軍するかどうかも確認されるの。
不法移民だって「We love America!」なんて叫んじゃうわ。
不法移民も従軍して最前線にいってくれたらリーガルにしてもらえるし。

例え誤爆であれ、アメリカの子どもたちは大騒ぎ!
だってU.A ARMYはいつでもヒーローだもの。
Airforceってったら超エリート部隊(頭もよければ見た目も抜群…そのかわり性格悪い)だし。
そういうお国柄ですから。

でも大抵のデモとか。
New yorkの場合は特に“観光客”が面白半分に混じってやってたりするのよ。
日本人の不法滞在者にもよく出くわしたけど(笑)

こんにちは!

アタシもHeziHeziさんと全く同じことを感じました。

アメリカの行動力は今回の日本の震災でも素晴らしいと感動しましたが、この件は敵を触発するだけですよね。。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://porchdeveggie.blog42.fc2.com/tb.php/66-c3294927

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

HeziHezi

Author:HeziHezi
IT関連のお仕事シテマス。へっぽこプログラマー。
趣味は、プラモデル作成、映画鑑賞、海外TVドラマ鑑賞、読書

最新コメント

FC2カウンター

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
ガーデニング (1)
雑感 (180)
政治経済 (18)
IT関連 (12)
社会問題 (21)
勉強 (1)
PC (6)
食べ物 (5)
プログラミング (1)
セール (1)
思い出 (1)
ユーモア (1)
お勉強 (1)
動画 (1)
どーでもいい話 (11)
わかんねぇ? (2)
がっかり (1)
やべぇ (2)
パン (1)
釣り (1)

RSSリンクの表示

リンク

メールフォーム

このブログはリンクフリーです。 連絡いただけましたら
相互リンクしますのでこちらからメールください~

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


35歳、結婚できないと諦めていた女がイケメンにプロポーズされるまでの婚活ブログ

大河内の缶詰

LA悪妻日記

ネコと金星

風は空に 星は天に

一緒に暇つぶしどうですか?

◇◇◇ 自分らしくのアロワナ飼育&写真日記 ◇◇◇

高校生がげん玉&モッピーで親にバレずに楽々お小遣い稼ぎ!!

黄昏の路地裏

12kgのダイエット成功 福岡の女の努力

Life Style

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな

破天日記

パソコンソフト無料ダウンロードとインターネットアフィリエイトの謎

野良猫だった ここあ

トレンド面白情報紹介ブログ♪

「ネコジマン」の公式ブログ

レオン&ママのブログ 

バントーのブログ ~V-pedia~

風は空に、星は天に...

ぴかぴっかりんのアラ還ライフ

創信グループ  株式会社 創信

STAND MARK

私、猫屋敷に住んでます。

妖精帝國 臣民コンソーシアム

さとしのブログ

Template by たけやん